紀要論文 〈博士学位論文要旨〉成年後見制度における法人後見の果たすべき役割: 高齢期の生活継続性を確保する支援体制の確立に向けて

西森, 利樹

(14)  , pp.47 - 51 , 2015-03-31 , 横浜国立大学技術マネジメント研究学会
ISSN:13473042
内容記述
本研究は、高齢期の生活継続性の確保の視点から、成年後見制度における法人後見の果たすべき役割を考察し、成年後見人等は法人によるべきことを結論づけるものである。法人後見の役割に関しては、個人後見の例外として制度化されたとして役割を限定的に捉える見解および限定的に捉えない見解がある。これに対し、本研究は、介護保険制度において重視される高齢期の生活継続性の確保の視点から、制度の立法過程全体の議論を対象とした史的研究および成年後見における生活継続性確保のあり方に関する調査研究に基づき、法人後見の果たすべき役割を考察する。従来、法人後見に関し立法過程全体を検討した研究はなかった。本研究では、法人後見が個人の例外として制度化されておらず、法人後見の役割が限定的ではないことがわかった。また、高齢期の生活継続性を確保するための成年後見のあり方に関する実証的な研究はなかった。本研究では、成年後見を行う法人は、専門的な複数の担当者によって、他機関と連携をとりながら継続的支援を確保していることがわかった。したがって、高齢期の生活継続性を確保する上で、法人後見は役割が限定的でないのみならず、積極的な役割を有する。認知症高齢者および独居高齢者の更なる増加が予想され、介護保険制度では、生活の継続性の重視に続き、地域包括ケアシステムの構築が目指されている。こうした状況に対応し、高齢者に対する安定的な支援体制を確立するためには、成年後見人等は法人がすべきである。
This paper discusses roles of corporate guardian within the adult guardianship system. Two perspectives on corporateguardian that have been suggested: (1) that it is an exceptional case of individual adult guardianship and therefore itsroles should be limited, and (2) its roles should not be limited, were discussed. The investigation was conducted from theperspective of ensuring continuity of life of the elderly, by using a historical approach related to discussions during theprocess of legalizing this system, as well as through studies on ensuring continuity of life under adult guardianship. Theprocess of legalizing the corporate guardian has not been investigated to date. Results of this study suggest that corporateguardian is not institutionalized, that it is regarded as an exceptional case of individual guardianship, and that the rolesof corporate guardian are not limited. Furthermore, empirical studies on adult guardianship for ensuring the continuityof life of elderly people have not been conducted to date. Results also indicated that juridical persons undertaking adultguardianship are maintaining continuous support by using plural staff in charge of the elderly, and by cooperating withother institutions. Corporate guardian is expected to play positive roles in ensuring the continuity of life of the elderlypersons, and not play an unlimited role. The number of elderly people with dementia and elderly people living alone isexpected to gradually increase in the future. In the long-term care insurance system, continuity of life has been discussedtogether with the development of a comprehensive community care system. In order to establish a stable support systemfor the elderly, it is suggested that adult guardianship should be undertaken by a juridical person.
本文を読む

http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/9170/1/14-6.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報