紀要論文 南アフリカにおける民間非営利組織への監査上の問題 : 横領と限定付適正意見
ミナミアフリカ ニオケル ミンカン ヒエイリ ソシキ エノ カンサジョウ ノ モンダイ : オウリョウ ト ゲンテイツキ テキセイ イケン
A Problem on Auditing on NFPs in South Africa : Misappropriation and Qualified Opinions

水谷, 文宣

265pp.29 - 34 , 2015-10 , 関東学院大学経済研究所
ISSN:02870924
NII書誌ID(NCID):AN00302437
内容記述
南アフリカの民間非営利組織では募金が横領されてしまいそれに伴う監査手続が不可能なことから,監査意見が限定付適正意見になってしまうという問題がみられる。南アフリカにはかつてのアパルトヘイトの影響により治安が悪いという横領を含む犯罪の背景があり,そして民間非営利組織が横領を回避できていない原因は社会福祉省の失策にあった。改善策としては,ファンドレイジングをプロフェッショナル・ファンドレイザーに代行してもらうことにより,横領をなくして監査手続を実施可能にするという方法が考えられる。
本文を読む

http://library.kanto-gakuin.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=NI30000845&elmid=Body&lfname=link/003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報