Departmental Bulletin Paper 経済学部の英語教育の検証と改善 : 2014年度2年次補習プログラム
ケイザイガクブ ノ エイゴ キョウイク ノ ケンショウ ト カイゼン : 2014ネンド 2ネンジ ホシュウ プログラム
Evaluation of English Teaching Programs for Economics and Business Majors : An Analysis of 2014's Results for Second Year Students

橋本, 健広  ,  中原, 功一朗||ナカハラ, コウイチロウ  ,  中村, 友紀  ,  原田, 祐貨

264pp.64 - 71 , 2015-07 , 関東学院大学経済研究所
ISSN:02870924
NCID:AN00302437
Description
関東の一大学経済学部における2014年度の英語教育は,同大学の5カ年計画の事業の一つとして,初中級学生の英語力の底上げを図り,実践的な英語力を養成することを目標とした。具体的には,1.市販教材を使用して自習できるまでに初中級学生の英語力の底上げを図ること,2.TOEIC受験率を上げること,3.カリキュラム改革等を通して学生が英語でわずかながらもコミュニケーションを取れるよう教育環境を整えることの三点である。初中級学生の英語の熟達度の底上げを図るために,2年次英語補習としてTOEIC準拠教材に取り組ませ,また2013年度の検証結果をもとにeメンターを導入して継続的な学習を促した。語学としての英語や補習教材に関する動機づけのアンケートを実施し検証した結果,補習への取組が継続的になされ,また一部の学生に理想だけではなく実際の学習行為への動機づけの上昇がみられた。TOEIC受験料の補助制度を設けることでTOEIC受験者数が増加し,またリスニングの学習が有益であるという示唆が得られた。実践的な英語力を身につけるためグローバル人材育成プログラムを整備し,2015年度より実施予定である。留学等に関するアンケートの実施結果から,多くの学生は留学や海外での活動に興味を持っていた。2015年度はより多くの学生の補習プログラムへの取組を促し,英語の熟達度の改善と実践的な英語力の養成へとつなげる予定である。
Full-Text

http://library.kanto-gakuin.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=NI30000839&elmid=Body&lfname=link/005.pdf

Number of accesses :  

Other information