Departmental Bulletin Paper 大学における体育と外国語の類似性と関東学院大学経済学部英語教員の役割の多様化
ダイガク ニオケル タイイク ト ガイコクゴ ノ ルイジセイ ト カントウガクインダイガク ケイザイガクブ エイゴキョウイン ノ ヤクワリ ノ タヨウカ
Similarity in P.E. and Foreign Languages in Higher Education, and Diversification of the English Teaching Staff's Roles in Kanto-Gakuin University, School of Economics

中原, 功一朗||ナカハラ, コウイチロウ  ,  中川, 伸子

265pp.1 - 19 , 2015-10 , 関東学院大学経済研究所
ISSN:02870924
NCID:AN00302437
Description
森田(2010:211,222,227–228)は,大学における体育と外国語の類似性を指摘し,非体育・非外国語専攻学部・学科においても,体育教員は健康教育に,外国語教員はスキル教育に,終始すべきではなく,教養教育や専門教育にも貢献すべきである,と説いている。そこで,本稿においては,教養と専門について論じ,体育と外国語の類似性,及び非体育・非外国語専攻学部・学科における両科目教員の役割について検討した。そして,関東学院大学経済学部のカリキュラム改革,それにともなう同学部所属の英語教員の役割の多様化について振り返り,その適切性を評価した。その結果,一般論として,1)大学のユニバーサル化にともなう学部教育の一般教育化が進み,専門と教養の垣根が低くなりつつあること,2)伝統的にも現状においても体育と外国語の類似点は多々あること,がわかった。そして,関東学院大学経済学部においても,学部教育の一般教育化に連動して,英語教員の役割は多様化しているが,それは状況の変化に対応して学部教育をより充実させるための適切なものであった,と結論づけた。最後に,上記学部の場合,英語教員は,スキル教育(英語リメディアル教育を含む),初年次教育,キャリア教育,教養教育,専門教育に関与しているが,役割の多様化に適応して,担当分野全般にわたってバランスよく時間と労力を配分して業務をこなしていかなくてはならない,という中原の私見をもってむすびに代えた。
Full-Text

http://library.kanto-gakuin.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=NI30000843&elmid=Body&lfname=link/001.pdf

Number of accesses :  

Other information