Departmental Bulletin Paper 神奈川県における国産車ディーラーの創設 : 戦前・戦後の一齣
カナガワケン ニ オケル コクサンシャ ディーラー ノ ソウセツ : センゼン・センゴ ノ ヒトクサリ
The Foundation of Japanese Auto Dealer in Kanagawa

四宮, 正親

38pp.115 - 123 , 2016-03 , 関東学院大学経済経営研究所
ISSN:13410407
NCID:AN10441484
Description
戦前,日本市場を席巻した外資系自動車会社に対抗して,国産車メーカーである日産,トヨタが登場し,戦時期の困難な時代を乗り越えて,戦後の自動車大国に成長する素地をつくりあげた。国産車メーカーにとって,生産の側面は言うに及ばず,販売面での苦心は筆舌に尽くしがたいものがあった。本稿においては,草創期における日産,トヨタの流通販売体制の構築について概観し,あわせて首都に隣接し将来性の見込めた神奈川における両社のディーラー設置事情について検討する。
Full-Text

http://library.kanto-gakuin.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=NI30001143&elmid=Body&lfname=link/009.pdf

Number of accesses :  

Other information