紀要論文 価値観の更改としての教授学的変換 : 数学的価値と数学教育的価値
カチカン ノ コウカイ ト シテ ノ キョウジュガク テキ ヘンカン : スウガクテキ カチ ト スウガク キョウイクテキ カチ
Didactic Transposition as Alteration in Value : Examining the Difference between Mathematics and Mathematics Education

小原, 豊||オハラ, ユタカ||Yutaka, OHARA

25pp.33 - 42 , 2016-02 , 関東学院大学人間環境学部人間環境学会
ISSN:13489070
NII書誌ID(NCID):AA11912380
内容記述
本稿は,教授学的変換を価値観の更改として論ずるものであり,数学的価値と数学教育的価値の相違に焦点を当てている。最初に,数学的価値と教育的価値の本質的な差異について概説する。特に,プロセス志向と陶冶性の2点から数学教育的な価値を特徴づける。第二に,陶冶目的である万人のための学校数学と,専門職上の純正数学の再生産を峻別する教授学的変換の二極モデルを提起する。第三に,複素数の大小関係を探究する教授実験を通じて数学的価値と数学教育的価値の相違を確認した上で,教授学的変換が価値観の更改であることを複素数の教材化を事例として特徴づけた。
In this paper I discuss the key differences between pure mathematics and mathematics education. First, I outline the essential distinction between the two fields, and highlight mathematic education's prioritization of process learning and training. Second, I introduce the double-track model of didactic transposition to divide mathematics into <Math for All< and <Math for Specialists.< Third, to demonstrate this difference I use the concept of “order relation of complex numbers.< While this is used in math education to teach the process of mathematics, in the pure mathematics it is a repudiated and unused concept.
本文を読む

http://library.kanto-gakuin.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=NI30001073&elmid=Body&lfname=link/004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報