Technical Report 千葉大学アカデミック・リンク・センターにおけるデジタル・スカラシップ開発
Digital Scholarship Development at Chiba University Academic Link Center

檜垣, 泰彦  ,  藤本, 茂雄  ,  池田, 光雪  ,  千葉, 明子  ,  小林, 裕太  ,  檜原, 啓一  ,  高橋, 菜奈子  ,  竹内, 比呂也

Description
[あらまし] 千葉大学アカデミック・リンク・センターは『考える学生』を育成することを目的として2011年に設置された.コンテンツ整備関連ではこれまで,教材動画収録サポート,PCサポートデスクの運用,Moodleの運用等を行ってきた.これらは学部学生への教育・学習支援であるが,これを今後は大学院学生を対象とした教育・学習支援に高度化することを計画している.その流れの中で,コレクション等の画像データについて,国際的な相互運用の枠組みを提供するIIIFへの対応作業中である.また,研究室の活動を支援するためのプラットフォームの開発や,Moodleの活用範囲の拡大を検討している.研究データ管理では,動向を見つつ可能な範囲から支援を行っていく計画である.
[Abstract] The Chiba University Academic Link Center was established in 2011 to train “thinking students”. We have been supporting teaching material movie recording, PC support desk operation, Moodle operation, etc. Although these are educational and learning support for undergraduate students, we plan to advance this to the support for graduate students. Within that trend, we are in the process of responding to IIIF, which provides international interoperability framework for image data such as collections. We are also considering developing a platform to support the activities of laboratories and expanding the scope of application of Moodle. Regarding research data management, we are planning to provide support from the possible range while watching the trends.
Full-Text

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/105012/LOIS2018-1.pdf

Number of accesses :  

Other information