Departmental Bulletin Paper 教育における時間概念に関する考察 : ある幼稚園の実践事例をたよりに
A Study on Time Concept in Education : Taking a Case on the Practice of a Kindergarten

藤川, 大祐

11pp.1 - 9 , 2018-03-20 , 千葉大学教育学部授業実践開発研究室
ISSN:1884-8818
NCID:AA12394317
Description
[要旨] 現代では社会経済状況の変化が激しく、人の一生より社会経済状況の変化が速いことを前提に教育のあり方が考えられる必要が生じている。こうした状況の中で、教育はどうあるべきか。本稿ではまず、産業革命後の米国で実践的に教育のあり方について検討したデューイ(Dewey, J)の思索をたどり、デューイが新たな状況に対応した教育を教員側が設計すべきことを論じていたことを確認した。そして、園児の経済活動を中心に保育実践が行われている幼稚園の事例について考察し、この園においては3年間で園児の経済活動が単純なものから複雑なもの、多様なものへと発展していることを捉え、新たな状況の中で生活している子どもたちの興味関心を尊重し、経済活動を通して互いに関わることによって、社会経済状況の変化に対応した教育実践を行える可能性が示唆されることを論じた。
Full-Text

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104881/S18848818-11-P001-FUJ.pdf

Number of accesses :  

Other information