紀要論文 「読書会」はいかなるゲームか : 参加者へのインタビューを通して
What Kind of Game Do Participants Play in the “Book Club”? : Through the Analysis by the Interview to the Book Club Participants

小牧, 瞳  ,  伊藤, 晃一

内容記述
[要旨] 本稿は、千葉大学教育学部藤川研究室で12年にわたり継続されている「読書会」と呼ばれる活動についての報告である。本「読書会」では、哲学書等の難解な文献を参加者で一文ずつ解釈するとともに、担当者が次回の「読書会」までに、「読書会」の中で行われた議論を論文調にまとめる、「プロトコル」と呼ばれるものを作成する。藤川研究室では、この「プロトコル」作成という営みを大切にしてきた。前半は、現在行なっている「読書会」の様子の記述し、「読書会」発足の経緯と、現在までの変遷をまとめた。後半は、本読書会と、世間一般に呼ばれている典型的な読書会と、大学等で一般的に行われている文献購読形式の演習との違いを、ゲーミフィケーションの知見を用いて比較検討した。他の読書会のゴールは文献を読み、議論することであるが、当「読書会」は「プロトコル」作成が一つのゴールと認知されており、それが参加者のモチベーションを支えている。
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104828/S18817165-324-P041-KOM.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報