学術雑誌論文 乾癬の病態形成におけるサイトカインシグナルの役割
The role of IL-21 signaling in a murine model of psoriasis induced by epicutaneous administration of Imiquimod

河野, 健太

93 ( 6 )  , pp.257 - 260 , 2017-12-01 , 千葉医学会
ISSN:0303-54762433-4243
NII書誌ID(NCID):AN00142148
内容記述
[要旨] 乾癬は角化の亢進を特徴とする難治性の慢性皮膚疾患であるが,近年のモデル動物の開発により,その病態形成に免疫系の細胞やサイトカインが深く関与していることが明らかとなった。本稿では薬剤誘発性乾癬モデルと乾癬の病態形成におけるサイトカインの役割について概説する。
[SUMMARY] Psoriasis is a chronic inflammatory skin disease, which is characterized by severe hyperplasia of keratinocyte and parakeratosis. Recently, a psoriasis model by the administration of imiquimod has been established and makes a significant contribution to our knowledge about the pathogenesis of psoriasis. In this review, we give an overview of the contribution of the murine psoriasis model to the development of new treatment for psoriatic patients.
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104505/93-6-257.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報