学術雑誌論文 難治性呼吸器疾患における血管病変とその再生機構に関する研究
Endothelial cell biology and regenerative medicine for pulmonary vascular diseases

鈴木, 敏夫

93 ( 6 )  , pp.247 - 250 , 2017-12-01 , 千葉医学会
ISSN:0303-54762433-4243
NII書誌ID(NCID):AN00142148
内容記述
[要旨] 組織リモデリング,線維化においては線維芽細胞や平滑筋細胞などの間葉系細胞が主要な役割を担う。近年,病態によっては間葉系細胞の一部が血管内皮細胞から内皮間葉転換(Endothelial-to-Mesenchymal Transition; EndMT)によって生じる事が明らかになっている。本稿では各種呼吸器疾患におけるEndMTと病態形成の関連について概説すると共に,これまで知られていなかった血管新生との関係,ひいてはEndMTを応用したバイオエンジニアリング/再生医療応用の可能性についても併せて紹介する。
[SUMMARY] In tissue remodeling and fibrosis, mesenchymal cells such as fibroblasts and smooth muscle cells played pivotal roles. Recently, it was demonstrated in some pathologic condition that some of mesenchymal cells were derived from vascular endothelial cells via Endothelial-to-Mesenchymal Trasition (EndMT). Here we describe the relationship between EndMT and the pathophysiology of respiratory diseases. In addition, we discuss its unknown relationship with angiogenesis and the possibility of applying to bioengineering and regenerative medicine.
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104503/93-6-247.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報