Departmental Bulletin Paper 首相公選制における独裁
Dictatorship under the Direct Election of the Prime Minister

岡田, 大助

Description
[要約] 首相公選制の導入を主張する,いわゆる首相公選論への批判は多い。そのうち特に批判として出てくるのが,「独裁」との関係である。つまり,もし首相公選制を導入するとしたら,首相の権力が強くなり,結果として独裁に至るのではないだろうかということである。しかし,従来,この点につき殆ど考察されてきていない。そもそも「独裁」とは何であるのか,どのような条件の下で独裁に至る可能性があるのか,そして首相公選制の導入を考えた時に独裁を防ぐ方法はないのかについて考察し,首相公選制の導入における実現可能性を探る。
Full-Text

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104460/S13482084-65-P341-OKAD.pdf

Number of accesses :  

Other information