紀要論文 現代コモンズ理論と総有論
Commos Theory and Total Property

井上, 孝夫

内容記述
[要約] コモンズ理論の亜流として,共同占有論,総有論,総有的所有観などと呼ばれる議論が提起されている。ここでは,井上(1997)以来の現代コモンズ理論の蓄積を踏まえながら,この種の議論の妥当性を検証し,併せて景観をめぐって争われた「国立マンション訴訟」の事例分析をつうじて,その妥当性について検討する。
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104456/S13482084-65-P303-INOU.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報