紀要論文 サブサハラ・アフリカにおける穀物生産構造と単収の変動,1961-2014 : 穀物・国家・大陸間比較
Changes of cereal production and yield per unit area in Sub-Saharan Africa, 1961-2014 : Comparison between cereals, between countries, and between continents

妹尾, 裕彦

内容記述
[要約] サブサハラ・アフリカにおける穀物生産は,主要5穀物の作付け構造の変化や単収格差などにより変容を遂げている。また,この地域の穀物単収の伸びは長らく停滞していたものの,21世紀に入ってから向上しているため,緑の革命の実現への期待が高まっている。ただしSSAで今後,穀物の増収や単収増を図るには,SSAに独特な穀物生産の特徴を,穀物別にふまえた施策が必要である。それでもなお,SSAの単収増は跛行的な様相を呈して進行していくだろう。
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104454/S13482084-65-P279-SEOY.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報