紀要論文 授業における「真正性」の学際的検討
Interdisciplinary Review of“Authenticity” in Teaching

髙木, 啓  ,  安部, 朋世  ,  小山, 義徳  ,  藤川, 大祐

内容記述
[要約] 授業研究において,「問い」には大きな役割を果たすものという位置が与えられてきた。問いの質を決定する要因は複数あるが,本研究においては,「真正性」に着目をして,考察を行った。「真正性」とは,教室における学習過程を,日常生活や社会に存在する真正の過程に近づけようとするものである。真正的学習環境論のなかで,代表的教材に挙げられるものに,アメリカで開発された「ジャスパー・ウッドバリーの冒険」がある。我々は,この教材をもとにして日本の中学校で実践を行った。その実践を分析することで,真正性が問いの質を規定するための条件になりうるかを検討した。
[SUMMARY] In lesson study, it has been thought that“ questioning” plays an important role in the classroom teaching. There are a lot of factors which decide the quality of“ questioning”. Among them, this paper focuses on“ authenticity” and discusses it.  “Authenticity” is a concept that makes a learning process in the classroom close to an authentic process in our daily life and society. In terms of the authentic learning environment, one of the most typical teaching materials is“ Adventures of Jasper Woodbury”, which was developed in the U.S.A.. We practiced a lesson based on this material at a junior high school in Japan. This paper analyzes the practice and considers whether“ authenticity” is a condition to determine the quality of“ questioning”.
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104443/S13482084-65-P179-TAKA.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報