紀要論文 小学校におけるカリキュラム・マネジメントの実際 : 生活科・「総合的な学習の時間」を中心として
Curriculum Management on Elementary School in Japan : About Living Environment Studies and Integrated Studies

鈴木, 隆司

内容記述
[要約] 現在,日本では教育課程の編成において,教科横断的な内容を取り入れたカリキュラム・マネジメントの必要性がクローズアップされている。現行では教育課程は学校が編成することになっている。中でも,最も教育現場の裁量によって内容を編成することができる教科・領域が生活科・「総合的な学習の時間」である。本小論では,先行事例としてこの教科・領域において教育課程の自主編成を行ってきた東京私立・和光小学校の事例を検討した。和光小学校では「生活べんきょう」・「総合学習」を教育課程に位置づけていった理念と実際の連絡,学習のテーマ決定に至る経緯,教育内容の決定への子どもの参加を軸としたカリキュラム・マネジメントが行われてきた。検討の結果,小学校におけるカリキュラム・マネジメントとしては,子どもの生活を軸として,子どもにとって切実な内容を子どもの手で掴ませるために,子どもに教育内容の決定に参画させる必要があることがわかった。
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104426/S13482084-65-P031-SUZU.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報