Journal Article [OAP要旨] 乳癌術後第12胸椎転移性骨腫瘍に対して total en bloc spondylectomy (TES) 施行後,Implant failureを伴う胸腰椎後弯増悪に対して追加固定術を施行した1例
[Japanese Summary] Successful revision enforcement surgery for postoperative implant failure in a patient with combined anteroposterior fixation after total en bloc spondylectomy : a case report with literature review

井上, 嵩基  ,  折田, 純久  ,  鴨田, 博人  ,  佐久間, 詳浩  ,  稲毛, 一秀  ,  佐藤, 淳  ,  藤本, 和輝  ,  志賀, 康浩  ,  金元, 洋人  ,  阿部, 幸喜  ,  山内, かづ代  ,  中村, 順一  ,  松浦, 佑介  ,  青木, 保親  ,  江口, 和  ,  高橋, 和久  ,  萩原, 茂生  ,  古矢, 丈雄  ,  國府田, 正雄  ,  鈴木, 昌彦  ,  大鳥, 精司

93 ( 5 )  , pp.235 - 236 , 2017-10-01 , 千葉医学会
ISSN:0303-54762433-4243
NCID:AN00142148
Description
[要旨] 【症例】75歳女性。乳癌の診断にて12年前に右乳房部分切除,腋下リンパ節郭清を施行された。術後11年で腰背部痛を自覚,画像所見および骨生検,およびPET検査の結果から乳癌第12胸椎(T12)転移性脊椎腫瘍と診断され当科における手術の方針となった。画像検査上はT12に限局した腫瘍性病変を認め,一部硬膜管に突出し硬膜管を圧排していたが膀胱直腸障害を含む神経学的臨床所見はなくADLは自立,徳橋スコアにて14点(予想予後1年以上)であったため根治目的にT12TES(total en bloc spondylectomy)を施行した。後方アプローチにてT12の上下2椎体(両側Th10,11,L1,2)にペディクルスクリュー(PS)を設置,罹患T12椎体はen blocに摘出しエクスパンダブルケージを設置,T9のフックを追加してロッド固定し終刀とした。術後は疼痛・神経症状なく経過していたが,術後2週間後から座位保持時の腰背部痛が出現した。単純X線にて下位PSのルースニング,およびL1 終板の破綻とケージの同終板へのsubsidenceを認め,胸腰椎の後弯角は術後と比し15°増加していた。今後のケージ転位の進行とこれに伴う後弯増強,脊髄障害の発生の可能性を鑑み,前後合併での追加固定を行った。まず前方L1/2OLIF(oblique lateral interbody fusion)による椎体間固定を行い,前方支柱を補強後,後方アプローチにてL3,4,5,S1にPSを追加設置,さらにS2 ara-iliacスクリューを挿入した。L2PSはルースニングに伴い椎弓根内側を穿破,固定性が破綻したため抜去としアンカーとしてL2/3 median hookを装着しロッド固定,終刀とした。術後の後弯角は8°に改善。スクリューのルースニングは認めず腰痛も改善したため退院,術後1年6ヶ月の段階での局所最終後弯角は18°にて症状・再発なく経過観察中である。 【考察】本症例におけるImplant failureの原因として,第一にT12椎体摘出後の同部での力学的脆弱性が考えられる。2-above 2-belowの固定範囲は不十分であった可能性があり術前の検討が重要であった。また,エクスパンダブルケージ使用の際に後方PSのコンプレッションも併用したが,これら二つの力のベクトル総和が過多となることで尾側終板の損傷やケージのsubsidenceにつながった可能性があり,今後はこれらのバイオメカニクス的な影響も考慮した上で術式の検討・実施を行う必要がある
[SUMMARY] A 75 year-old woman was referred to our clinic for a solitary vertebral metastasis of breast cancer at the T12 level for surgical resection. The primary operation, involving total en bloc spondylectomy(TES) of the T12 vertebral body, was performed using an anterior expandable cage followed by 2-above-2-below posterior fixation. Three weeks after primary TES, she had progressive junctional kyphosis at the site of TES. The anterior expandable cage caused adjacent vertebral fracture with marked subsidence and loosening of the caudal pedicle screw(PS). We performed revision enforcement surgery: In the prone position, the failed PS were removed, and then additional posterior fixation was performed at the L3-4-5-S1 followed by S2 alar-iliac screw fixation, and then in the right decubitus position, a lateral interbody fusion cage was inserted at the L1-2 level in the oblique lateral approach to gain more direct support. The patient returned to her activities of daily living with maintained alignment and without implant failure, and acceptable bony fusion was achieved 1.5 years postoperatively. In conclusion, excess expansion with expandable cages can be harmful when combined with the posterior compressive fixation, and long fusion should be considered in osteoporotic patients with complete vertebral resection.
Full-Text

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104414/93-5-235.pdf

Number of accesses :  

Other information