学術雑誌論文 職場におけるうつ病スクリーニング後のインターネット認知行動療法の実施可能性に関する予備的研究
A preliminary study of the feasibility of internet cognitive behavioral therapy after screening for depression in the workplace

今泉, 良子  ,  野口, 玲美  ,  清水, 栄司

93 ( 4 )  , pp.143 - 150 , 2017-08-01 , 千葉医学会
ISSN:0303-54762433-4243
NII書誌ID(NCID):AN00142148
内容記述
[要旨] 【目的】職場のWEB上での質問紙スクリーニングで,対象となったメンタルヘルス不調者に対して実施する,産業カウンセラー(カウンセラー)によるアシスト付きインターネット認知行動療法(ICBT)の結果が示す「症状改善効果」と「支援に要する必要時間」の観点から,実現可能性を明らかにすることを目的とした。 【方法】企業A社の全職員(211名)を対象に,WEB上で抑うつ尺度(PHQ-9)と不安尺度(GAD-7)を用いたスクリーニングを行い,PHQ-9が10点以上のうつ病を疑われた職員に,12週のICBTプログラムへの参加を提案,面接での同意者に実施した。精神科医のスーパービジョンのもと,カウンセラーがアシストした時間を,対面面接時間・WEB上の内容確認・電子メール対応に要した時間として算出した。 【結果】回答者111名中21名(18.9%)がPHQ-9で10点以上であり,13名が面接を受けた。しかし,4 名は既に問題解決し,9名からICBTに参加の同意を得たが,軽症の6名は全くアクセスしなかった。完遂した残り3名の中,ケース1は,10時間介入後PHQ-9が8点から3点まで改善し,ケース2は13.5時間介入後20点から12点まで改善した。ケース3は,7章まで5時間の介入を行ったが,本人がPHQ-9へ無回答のため,15点からの改善の程度は不明であった。 【結論】職場のメンタルヘルス不調者に対するアシスト付きICBTは,産業カウンセラーによって面接場所を選ばず比較的短い対応時間でうつ症状の改善がみられた。今後,アシスト付きICBTに関して,更に被験者数を増やし,症状改善と支援時間等の観点から,実現可能性の検討を継続的に行っていく必要がある。
[SUMMARY] The aim of this study was to examine the feasibility of internet cognitiveb behavioral therapy(ICBT) assisted by an industrial counsellor after WEB based screenings for depression in the workplace. WEB based screenings for depression for all the employees(n=211)were made using PHQ-9 and GAD-7. The workers with 10 or greater PHQ-9 scores were asked to participate in twelve sessions ICBT. The counsellor examined the improvement of depressive symptoms and the time spent. Among 111 employees who completed the screenings, 21 persons(18.9%)had 10 or greater PHQ- 9 scores and 13 received the interview. However, 4 had already solved their problems and 6 with mild symptoms didn’t access ICBT at all. The rest of 3 completed ICBT. The PHQ-9 in case 1 was reduced from 8 to 3 through 10 hours support and in case 2 was from 20 to 12 through 13.5 hours support respectively. Though case 3 had 7 sessions, the PHQ-9 was from 15 to no answer through 5 hours support. The results of the assisted ICBT by the industrial counsellor showed significant improvements on depressive symptoms. Further research about assisted ICBT for mental health promotion in the workplace is necessary.
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/104132/93-4-143.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報