学術雑誌論文 子宮頸癌の術後補助療法の選択に関する後方視的検討
Efficacy of adjuvant therapy for intermediate and high risk cervical cancer patients after radical hysterectomy : a retrospective study of a single cancer center in Japan

井尻, 美輪  ,  鈴鹿, 清美  ,  大崎, 達也  ,  田中, 尚武

93 ( 2 )  , pp.39 - 45 , 2017-04-01 , 千葉医学会
ISSN:0303-5476
NII書誌ID(NCID):AN00142148
内容記述
[要旨] 子宮頸癌手術症例の再発リスク因子を抽出するとともに,術後補助療法の対象となる再発中リスク・高リスク群における術後補助療法別の治療成績およびその有害事象を検討することを目的として,当院における子宮頸癌術後症例の後方視的検討を行った。子宮頸癌治療ガイドラインでは,再発リスク因子を有する症例においては術後の放射線治療もしくはCCRT(同時化学放射線療法)が推奨されている。当院では再発リスク因子の有無・内容により再発低リスク群には術後補助療法を行わず,再発中リスク群と高リスク群に関してはDoctor' schoice(主治医の判断)により術後補助療法を行わないか,術後全身化学療法(CT)あるいは術後同時化学放射線療法(CCRT)(一部,放射線治療単独の症例を含む)を行うかを決定している。当院で施行された子宮頸癌完全手術例133例の2年無病生存率は93.4%, 2 年生存率は98.2%であった。再発中リスク群・高リスク群で術後補助療法を施行した83例に関する検討では,CT群,CCRT群の2年無病生存率は94.5%と74.5%であり(Log-rank検定,P=0.1466),両群間で有意差はみられなかった。再発症例の検討では,術後全身化学療法を施行した扁平上皮癌症例において骨盤内再発が多く,いずれも腫瘍径が4㎝以上であった。腫瘍径4㎝以上の症例に関しては,術後全身化学療法では骨盤内制御が不十分である可能性があるため,より慎重な術後補助療法の選択が必要であるが,本研究は後方視的研究であり,子宮頸癌の術後補助療法の選択に関しては,前方視的研究で検討を行う必要がある。
[Summary] Treatment guidelines for cervical cancer recommend postoperative radiotherapy or concurrent chemoradiotherapy(CCRT)for cases with recurrence risk factors. Our hospital classifies cases into three groups, namely low-, intermediate-, and high-risk groups, based on the presence or absence of risk factors for recurrence and their contents. For intermediate and high recurrence risk groups, postoperative systemic chemotherapy(CT)or postoperative CCRT is performed at the attending doctor’s discretion. Among 133 cases of complete operation for cervical carcinoma in our hospital, 2-year disease-free survival(DFS)rate was 93.4% and 2-year survival rate was 98.2%. Examination of 83 cases that had been selected for postoperative adjuvant therapy in the intermediate- and high-risk groups showed a DFS rate for 2 years in CT cases and CCRT cases of 94.5% and 74.5%(log-rank test, P= 0.1466). Examination of recurrent cases showed a high pelvic recurrence rate in patients with squamous cell carcinoma receiving CT, with tumor diameters of 4 cm or more in all such patients. Given that postoperative CT might be insufficient to control the pelvic region, selection of more careful postoperative adjuvant therapy is needed for cases with a tumor size of 4 cm or more.
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/103422/93-2-39.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報