Departmental Bulletin Paper 短期留学生を対象とした日本語の授業の現状と課題 : 東洋学園大学におけるサマースクールを事例として
Current status and issues of Japanese language classes for short-term international exchange students : A case study of a summer school at Toyo Gakuen University

山本, 博子  ,  依田, 悠介  ,  奥, 真裕

10pp.111 - 122 , 2017-03-31 , 千葉大学国際教育センター
ISSN:18819451
NCID:AA12778046
Description
[要旨] 本稿は、2016年6月に行われた、東洋学園大学における短期留学生(サム・ヒューストン州立大学学生)を対象とした日本語の授業の現状及び課題について述べるものである。まず、日本語学習歴のない英語圏の学生を対象に、2回(1.5時間×2回)の授業で、どのような語彙や会話を習得させたのかを報告する。さらに、前年度の6月に実施した日本語の授業より、英語での説明を増やしたことによって、どのような効果及び問題点が見られたのかを示す。また、前年度受講生によるフィードバックをどのように生かすことができたのかも分析する。最後に、初級の短期留学生を対象にした日本語の授業の今後の課題について考察する。
[Abstract] This paper reports current status and issues found in intensive Japanese classes in Toyo Gakuen University in June, 2016 for short-term visiting students from Sam Houston State University based on two 90 minutes intensive Japanese classes. First, this paper shows vocabularies and sentence patterns which we deal with the intensive classes. Secondly, this paper discusses advantages and disadvantages of Japanese classes taught in English, comparing with the intensive Japanese classes in 2015, which was taught in Japanese. Moreover, this paper reports how we effectively use feedback from previous students. Finally, this paper notes potential problems found in intensive Japanese classes for beginners.
Full-Text

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/102581/S18819451-10-P111-YAM.pdf

Number of accesses :  

Other information