紀要論文 日韓共同理工系学部留学生のフォローアップ調査 : 千葉大学に配置された第1次第1期生~第2次第6期生を対象に
Japan-Korea Joint Program for Science & Engineering Students Follow-up Survey of 2000-2015 Students

佐藤, 尚子

10pp.39 - 48 , 2017-03-31 , 千葉大学国際教育センター
ISSN:18819451
NII書誌ID(NCID):AA12778046
内容記述
[要旨] 千葉大学では2000年10月より日韓共同理工系学部留学生を受け入れている。2016年6月に千葉大学で日韓共同理工系学部留学生事業協議会が開催されるのを機に、千葉大学に配置された第1次第1期生(2000年10月渡日)から第2次第6期生(2015年10月渡日)までの69名を対象にフォローアップ調査を実施した。調査は、大きく2つに分かれる。1つは全員を対象とした、このプログラムへ参加した理由、千葉大学での教育に対する評価、日本への留学に対する評価についての調査である。もう1つは、学部を卒業した学生の進路と現在の状況に関する調査である。評価については、全体として、千葉大学での教育、および、日本への留学に満足している学生が多いことがわかった。また、進路調査では、大学院修了後、韓国に帰国している学生が多く、日韓の架け橋として、活躍している学生の様子が明らかになった
[Abstract] Chiba University has admitted Korean students under the Japan-Korea Joint Program for Science & Engineering Students since October, 2000. The symposium on the program, which was hosted by Chiba University in June, 2016, created an occasion to assess the program through a follow-up survey of its 69 participants, who were allocated to Chiba University between 2000 and 2015. The 1st part of the survey focused on the reasons the students decided to participate in the program, and on their assessment of education at Chiba University as well as of the study in Japan in general. The 2nd part of the survey dealt with the students’ career after graduation from Chiba University including their current situation. The survey has shown that the participants were generally satisfied with study in Japan and the education they received at Chiba University, and that many students who undertook graduate studies a later returned to Korea and remain active bridging between the two countries in relevant areas.
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/102577/S18819451-10-P039-SAT.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報