学術雑誌論文 ドイツ・ベルリンにおける千葉大学グローバル化拠点形成に向けて
ドイツ ベルリン ニ オケル チバ ダイガク グローバルカ キョテン ケイセイ ニ ムケテ
Globalization of Chiba University based on "Chiba University Berlin Campus"

森 , 千里  ,  柏原 , 誠  ,  戸髙, 恵美子  ,  鈴木, 都  ,  中岡, 宏子

91 ( 3 )  , pp.119 - 123 , 2015-06-01 , 千葉医学会
ISSN:03035476
NII書誌ID(NCID):AN00142148
内容記述
予防医学センターは昨今の急激なグローバル化の流れの中、ヨーロッパの大学との国際連携活動を進めている。2014年には、ドイツの首都ベルリンで公衆衛生や予防医学に関する合計3回の日独シンポジウムを行った。第一回の日独シンポジウム(2月18日)については、2014年8月に発行された千葉医学雑誌90巻4号に『日独シンポジウム「日本とドイツにおける予防医学と公衆衛生」を終えて』と題して、その背景やシンポジウム概要について報告させていただいた。その報告の中で、現在我々が設置に向けて準備している3大学(千葉・金沢・長崎)先進予防医学共同大学院事業の国際連携とヨーロッパの公衆衛生大学院の計画進行状況も合わせて紹介しているので興味のある方は参照されたい。ところで、千葉大学は昨年の文部科学省スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創生支援」(タイプB: グローバル牽引型)に「グローバル千葉大学の新生-Rising Chiba University-」で申請し採択された。この申請の中には、本学がベルリンにキャンパスを持つ構想が含まれている。予防医学センターもこの構想の地固めのためこれまでにもまして積極的にドイツとの連携を進め、少しでも早く千葉大学ベルリンキャンパスが整備されるよう努力を惜しまぬ所存である。本稿では、昨年の第二回、第三回日独シンポジウムの様子を報告する。
本文を読む

http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900119022/91-3-119.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報