Journal Article 肥満患者の減量中に自然退縮した肝細胞癌の1例

菅本, 祐司  ,  スガモト, ユウジ  ,  SUGAMOTO, Yuji  ,  太田, 拓実  ,  オオタ, タクミ  ,  OTA, Takumi  ,  木村, 正幸  ,  キムラ, マサユキ  ,  KIMURA, Masayuki  ,  福長, 徹  ,  フクナガ, トウル  ,  FUKUNAGA, Toru  ,  田﨑, 健太郎  ,  タサキ, ケンタロウ  ,  TASAKI, Kentaro  ,  佐塚, 哲太郎  ,  サヅカ, テツタロウ  ,  SAZUKA, Tetsutaro  ,  竹下, 修由  ,  タケシタ, ノブヨシ  ,  TAKESHITA, Nobuyoshi  ,  丸山, 哲郎  ,  マルヤマ, テツロウ  ,  MARUYAMA, Tetsuro  ,  玉地, 智英  ,  タマチ, トモヒデ  ,  TAMACHI, Tomohide  ,  篠崎, 正美  ,  シノザキ, マサミ  ,  SHINOZAKI, Masami  ,  藤本, 肇  ,  フジモト, ハジメ  ,  FUJIMOTO, Hajime  ,  江口, 正信  ,  エグチ, マサノブ  ,  EGUCHI, Masanobu  ,  松原, 久裕  ,  マツバラ, ヒサヒロ  ,  MATSUBARA, Hisahiro

91 ( 2 )  , pp.59 - 63 , 2015-04-01 , 千葉医学会 , チバ イガクカイ , The Chiba Medical Society
Description
症例は77歳女性。C型肝硬変の経過観察中2012年5月,肝S3に肝外へ発育する56×46㎜大のHCCを認め,PIVKA-Ⅱは2,205mAU/mlと異常高値を示した。身長154㎝,体重84.5㎏,BMI35.6の肥満体型であり,補助器具なしでの自力歩行はできず,呼吸機能検査では混合性換気障害を認めたため,減量を指示した。1ヶ月後に腫瘍の縮小,体重減少を認め,さらに経過を追うこととした。初診時から9ヶ月後には,腫瘍は17㎜まで縮小し,PIVKA-Ⅱは45mAU/mlと著明に低下した。体重73.2㎏,BMI30.9まで減量し,補助器具なしでの自力歩行が可能となり,呼吸機能も改善したため,2013年2月に腹腔鏡下肝部分切除術を施行した。病理組織学的検査で腫瘍は完全壊死と診断された。
略語一覧: HCC: Hepatocellular carcinoma(肝細胞癌),PIVKA-II: protein induced by Vitamin K absence or antagonists-II(ビタミンK欠乏性蛋白-II),BMI: body mass index(肥満度指数),IC: informed consent(インフォームドコンセント),ADL: actirvies of daily living(日常生活動作)
Full-Text

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/igakukai/91-2-59.pdf

Number of accesses :  

Other information