Departmental Bulletin Paper 【和文翻訳】エドナ・ボナシチ「ミドルマン・マイノリティ理論」(1973年)
ワブン ホンヤク エドナ ボルシチ 「ミドルマン マイノリティ 理論」 1973ネン
A Japanese Translation of Edna Bonacich‘, A Theory of Middleman Minorities(' 1973)

福田, 友子  ,  フクダ, トモコ  ,  FUKUDA, Tomoko  ,  前田, 町子  ,  マエダ, マチコ  ,  MAEDA, Machiko  ,  石田, 沙希  ,  イシダ, サキ  ,  ISHIDA, Saki

(32)  , pp.191 - 208 , 2016-03-30 , 千葉大学大学院人文社会科学研究科 , チバダイガクダイガクインジンブンシャカイカガクケンキュウカ , Graduate School of Humanities and Social Sciences
ISSN:1883-4744
NCID:AA12170670
Description
本稿は、Edna Bonacich, 1973, ‘A Theory of Middleman Minorities,'“AmericanSociological Review" 38: 583-93. の和文翻訳(全訳)である。著者のエドナ・ボナシチ(1940- )は、現在、カリフォルニア大学リバーサイド校の名誉教授である。「分断的労働市場論」(1972)が有名であるが、この「ミドルマン・マイノリティ理論」も移民研究に大きな影響を及ぼした。とりわけエスニック・ビジネス研究においては、基本的論文として知られており、日本では日系アメリカ人の研究でたびたび引用・参照されてきた。本論文の主要な論点については多くの批判も出されたが、それはこの論文が移民研究において果たした役割の大きさを裏付けるものでもある。
Full-Text

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA12170670/18834744_32_191-208.pdf

Number of accesses :  

Other information