Departmental Bulletin Paper 【研究ノート】チョムスキーの慶応大学講演について
ケンキュウ ノート チョムスキー ノ ケイオウ ダイガク コウエン ニツイテ
On the Syntax Session by Noam Chomsky

菅野, 憲司  ,  カンノ, ケンジ  ,  KANNO, Kenji  ,  冨野, 光太郎  ,  トミノ, コウタロウ  ,  TOMINO, Kotaro

(32)  , pp.180 - 190 , 2016-03-30 , 千葉大学大学院人文社会科学研究科 , チバダイガクダイガクインジンブンシャカイカガクケンキュウカ , Graduate School of Humanities and Social Sciences
ISSN:1883-4744
NCID:AA12170670
Description
2014年3月8日、慶応大学において掲題の講演会が開催された。生成文法は多くの議論を巻き起こしつつ、初期の「句構造理論」から今日の「ミニマリスト・プログラム」による「併合」と「移動」の理論へと変貌してきた。本稿では、慶応講演とChomsky (2015)を参照しつつ、生成文法によって古典語がどのように記述できるかの検討を行った。
Full-Text

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA12170670/18834744_32_180-190.pdf

Number of accesses :  

Other information