紀要論文 ペルシア語母語話者同士の儀礼場面における談話管理--ターロフ場面を中心に
ペルシアゴ ボゴ ワシャ ドウシ ノ ギレイ バメン ニ オケル ダンワ カンリ ターロフ バメン ヲ チュウシン ニ
Discourse Management between Persian Native Speakers in the Ritual Situations : Around the Taarof Situation

アキバリ, フーリエ  ,  AKBARI, Hourieh

(32)  , pp.138 - 158 , 2016-03-30 , 千葉大学大学院人文社会科学研究科 , チバダイガクダイガクインジンブンシャカイカガクケンキュウカ , Graduate School of Humanities and Social Sciences
ISSN:1883-4744
NII書誌ID(NCID):AA12170670
内容記述
本稿では、ペルシア語母語話者であるイラン人同士の自然会話における儀礼場面での相互行為を分析の対象とした。特に、儀礼的な場面や相手に対して敬意を示したい場面でよく見られる、ペルシア語話者の独特な習慣である「ターロフ」の言語行動に焦点を当て、分析を実施した。ターロフを用いた文脈構造として、「行為タイプ」、「隣接ペア」そして「発話機能連鎖」が挙げられる。インターアクションの発話者は、これらの要素を儀礼的会話の中で、留意し文脈を成り立てている。 本研究では、34の自然会話を分析の対象とした。その結果、ペルシア語話者が、儀礼場面で最も重視している機能として、「挨拶、提供、褒め、申し出、誘い、感謝」があり、「行為タイプ」としては、「感情提示、配慮、謙遜、応答」が存在していることが明らかとなった。
本文を読む

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA12170670/18834744_32_138-158.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報