紀要論文 自然科学における物象化の問題--物象化論としての廣松科学論の位相
シゼンカガク ニ オケル ブッショウカ ノ モンダイ ブッショウカロン トシテノ ヒロマツ カガク ロン ノ イソウ
Hiromatsus Wissenschaftstheorie als Kritik der Versachlichung in der Naturwissenschaft

忽那, 敬三  ,  クツナ, ケイゾウ  ,  KUTUNA, Keizo

(32)  , pp.1 - 13 , 2016-03-30 , 千葉大学大学院人文社会科学研究科 , チバダイガクダイガクインジンブンシャカイカガクケンキュウカ , Graduate School of Humanities and Social Sciences
ISSN:1883-4744
NII書誌ID(NCID):AA12170670
内容記述
もともとは社会現象をめぐる問題としてのみ剔抉されていた物象化の議論を、自然科学的認識の場面にまで拡張したのは廣松渉であった。廣松は、相対性理論や量子力学といった現代物理学が近代の自然科学と対峙するなかで提唱することになった自然科学理論の根底に哲学的な反省を加えることによって、「能知-所知的=所知-能知的な被媒介的存在形象」が近代の自然科学においては物性化的に錯視されている次第を明らかにすると同時に、また自然科学的営為一般に通底する四肢的な構造連関態を開示する手掛かりが現代物理学において提供されていることをも明らかにしている。しかし現代物理学の意義を強調しすぎれば、現代物理学そのものも歴史的・社会的に相対的であることを忘却する危険性があること、さらにまた自然認識のモデルを自然科学的認識だけに限定してしまえば観照的な自然認識という場面が等閑視される危険性があること、これらを筆者としては指摘しつつも、しかしこれらの問題は廣松物象化論のなかで原理的に解決可能であることを論じた。
本文を読む

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA12170670/18834744_32_1-13.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報