Departmental Bulletin Paper インターンシップを円滑に行うための教材開発-文部科学省キャンパスアジア拠点事業「植物環境デザイニングプログラム」での取り組み-

佐藤, 尚子  ,  サトウ, ナオコ  ,  SATO, Naoko  ,  高垣, 美智子  ,  タカガキ, ミチコ  ,  TAKAGAKI, Michiko  ,  佐々木, 仁子  ,  ササキ, ヒトコ  ,  SASAKI, Hitoko  ,  山口, 利隆  ,  ヤマグチ, トシタカ  ,  YAMAGUCHI, Toshitaka

(9)  , pp.147 - 163 , 2016-03-31 , 千葉大学国際教育センター
ISSN:1881-9451
Description
日本語の能力が高くない外国人留学生が日本の企業においてインターシップが円滑に行えるように、文部科学省キャンパスアジア拠点事業「植物環境デザイニングプログラム」では、2012年度から2014年度の3年間に3種の教材開発を行った。まず、2012年度は漢字と専門的な語彙が学べる教材の開発を行った。2013年度は、職場で必要な会話が学べる教材の開発を行った。この教材を開発するために、インターシップに参加する学生および学生を受け入れる企業にそれぞれ2回聞き取り調査を実施した。その調査をもとに、取り上げる項目を検討し、教材を開発した。さらに、教材のパイロット版、完成版で学習した学生にも聞き取り調査を行い、教材の問題点を検討した。2014年度は工場で円滑に作業ができるように、備品名や作業工程などを取り上げた教材を開発した。今後は、これらの教材が有効に活用できるように、プログラムに組み込んでいく必要がある。
Three different types of teaching materials were developed in the years 2012-2014 in order to boost Japanese language proficiency of the students participating in the Plant Environment Design Program of the MEXT Campus Asia Project, letting them make the most of their internship. The Kanji and Basic Specialized Vocabulary textbooks were developed in 2012, and the textbook introducing Basic Conversational Skills for Work was developed in 2013. Textbook development was largely based on interviews with both the participating students and their internship employers, which were conducted twice during the process. Both the initial (pilot) and final versions of the textbooks were subject to evaluation by program participants, which helped us remedy their shortcomings. Subsequently, teaching materials pertaining to the inventory of fixtures and to terms used in the work process were developed in order to enable smooth factory operation. The final step which needs to be taken is to effectively implement the developed in the internship program.
Full-Text

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/SB00228823/9_147-163.pdf

Number of accesses :  

Other information