紀要論文 戦前期における千葉師範学校(現千葉大学教育学部)の留学生たち(付.戦前期における千葉県域の軍事系学校の留学生たち)

見城, 悌治  ,  ケンジョウ, テイジ  ,  KENJO, Teiji

(9)  , pp.119 - 145 , 2016-03-31 , 千葉大学国際教育センター
ISSN:1881-9451
内容記述
千葉師範学校が受入れた最初の留学生は「満洲国」の若者2名であり、1937年4 月のことであった。「満洲国建国」から5年余り経った段階で、彼らは、日本との関連を強める教育の担い手として期待されたのである。その後、1943年までに、千葉師範学校は十数名の「満洲国」留学生を受入れていくが、本稿では、「満洲国」の留学生派遣政策や他府県の師範学校の受入れの動向と比較することで、その特色を明らかにする。なお、千葉県内には軍事系の学校が複数存在しており、そこにも「満洲国」および中華民国からの留学生が在籍していた。戦前期の千葉県で生活し、学んでいた留学生を総体として、考えるために、そのデータも付載した。
The first two international students from Manchukuo were admitted to Chiba Normal School in April 1937, five years after the founding of the Manchurian state. They were expected to promote education that would strengthen the state's links with the Imperial Japan. A further dozen or so of international students from Manchukuo were admitted to the School by the year 1943. The Manchukuo policy on international study and the specific character of the school becomes clear when compared with normal schools in other areas of Japan. It should be noted that in Chiba Prefecture there were a number of military schools which also accepted international students from Manchukuo and China at that time. Relevant data can be found in the Appendix.
本文を読む

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/SB00228823/9_119-145.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報