Departmental Bulletin Paper 「日本」を題材とした協働学習の仕掛け-教養教育における実践から考える-

ガイタニディス, ヤニス  ,  GAITANIDIS, Ioannis  ,  小林, 聡子  ,  コバヤシ, サトコ  ,  KOBAYASHI, Satoko  ,  西住, 奏子  ,  ニシズミ, カナコ  ,  NISHIZUMI, Kanako  ,  和田, 健  ,  ワダ, ケン  ,  WADA, Ken  ,  吉野, 文  ,  ヨシノ, アヤ  ,  YOSHINO, Aya

(9)  , pp.1 - 73 , 2016-03-31 , 千葉大学国際教育センター
ISSN:1881-9451
Description
本稿は、筆者ら5名が共同で取り組んだ、参加者の言語的文化的多様性を前提とした協働学習に関する実践研究を報告するものである。「日本」を題材とする4つの学部生向け教養科目(「時事から日本を考える」、「現代日本の宗教と社会」、「バイリンガリズムと言語学習」、「異文化交流演習」)を取り上げ、担当教員がどのように学習の場を設定したか、またその結果どのような気づき、学びがあったかを談話データ、コメントシート、フォローアップインタビューなどをもとに分析した。本研究では、協働学習を学生間の対話のプロセスを重視する学習形態を表すものとして捉え、知識、言語、経験など参加者の多様性・差異を肯定的に見なすとともに、それによって生じる学習過程における葛藤にも注目した。「座談」、「協働論証」と名付けた対話の手法、対等な参加を促すための仕掛けの必要性と具体例を紹介するとともに、今後の課題について述べた。
This paper is a report of a joint research project on collaborative learning in a multilingual andmulticultural class environment. The report is composed of four case-studies of liberal arts coursesat undergraduate level. Each course convener uses records of in-class student discussions, commentpapers and follow-up interviews to analyse how the learning locus set up in advance impacted onthe learning experiences and outcomes of the course participants.In this research project, collaborative learning is considered to be a form of learning that 1)emphasizes the process of student interaction, 2) takes an affirming stance towards student diversityin terms of linguistic, experiential and knowledge levels and differences, and 3) pays particularattention to the tensions arising from such diversity in the process of learning. Through specificexamples, the report discusses methods of interaction such as zadan (round-table conversation) orcollaborative argumentation and focuses on the necessity of introducing learning techniques thataim for student participation on even grounds.
Full-Text

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/SB00228823/9_001-073.pdf

Number of accesses :  

Other information