紀要論文 統合報告におけるConnectivityと統合思考-管理会計の観点から-
トウゴウ ホウコク ニ オケル Connectivity ト トウゴウ シコウ カンリ カイケイ ノ カンテン カラ
"Connectivity" in Integrated Reporting and Integrated Thinking: From a Viewpoint of Management Accounting

内山, 哲彦  ,  ウチヤマ, アキヒコ  ,  UCHIYAMA, Akihiko

30 ( 1 )  , pp.31 - 45 , 2015-06-24 , 千葉大学経済学会 , チバ ダイガク ケイザイ ガッカイ , Economics Association for Chiba University
ISSN:0912-7216
NII書誌ID(NCID):AN10005358
内容記述
統合報告(Integrated Reporting)に対する関心が高まり,企業実践が広まっている。統合報告については,その考え方や実践指針を示すものとして,統合報告の推進主体である国際統合報告評議会(InternationalIntegrated Reporting Council;IIRC)によって国際統合報告フレームワーク(The International〈IR〉Framework。以下,フレームワーク)が公表された。フレームワークでは,統合報告の実践を導く7つの指導原則(GuidingPrinciples)が示された。すなわち,「戦略的焦点と将来志向(strategicfocus and future orientation)」,「情報の結合性(connectivity of information)」,「ステークホルダーとの関係性(stakeholder relationships)」,「重要性(materiality)」,「簡潔性(conciseness)」,「信頼性と完全性(reliability and completeness)」,そして「一貫性と比較可能性(consistencyand comparability)」である。これらのなかで,もっとも重要な原則・概念の1つが「(情報の)結合性」である。統合報告における「結合性(connectivity)」の原則やその実現は,統合報告の有効な実施や,その効果の有効な発現において極めて重要であるとともに,企業実践においてもっとも課題となっているものでもある。本稿では,統合報告における「結合性」について考察することを目的とする。「結合性」には,統合報告の基礎であり,かつ統合報告の目的でもある統合思考(integrated thinking) がかかわっており,「結合性」は組織内部のマネジメントに重要な影響を与えるとされる(IIRC, 2013b,p. 3)。そこで,本稿では,管理会計とのかかわりを含め,管理会計(組織内部のマネジメント)の観点から「結合性」について考察を行う
This paper investigates the“connectivity"in Integrated Reporting.Since“connectivity"has influence on the management within organizations,we consider“connectivity"from a viewpoint of managementaccounting(management within organizations). While Integrated Reporting/report is based on integrated thinking, Integrated Reporting/report aims the realization of integrated thinking in organizations.This relation can be expressed as mutual reinforcing or cycle of integratedthinking and Integrated Reporting. Based on this relation, wepoint out the two aspects of“connectivity"that are“connectivity as ameans"and“connectivity as a purpose".Moreover, we refer to balanced scorecard and strategy maps, andconsider the expectation for the practice and research of Integrate Reportingespecially towards integrated thinking. As a consequence,three points that are management of intangibles, promotion of communicationwithin an organization(middle management level and lowermanagement level), and promotion of organizational learning (topmanagement level)are pointed out.
欧文抄録:p.96
本稿は,科学研究費補助金(基盤研究C研究課題番号25380591)による研究成果の一部である。
本文を読む

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10005358/09127216_30_1_31-45.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報