Departmental Bulletin Paper 【研究ノート】朝日遺跡の精神史
ケンキュウ ノート アサヒ イセキ ノ セイシンシ
Intellectual History of Asahi Site in Aichi Prefecture

犬塚, 康博  ,  イヌズカ, ヤスヒロ  ,  INUDZUKA, Yasuhiro

(30)  , pp.177 - 186 , 2015-03-30 , 千葉大学大学院人文社会科学研究科 , チバダイガクダイガクインジンブンシャカイカガクケンキュウカ , Graduate School of Humanities and Social Sciences
ISSN:1883-4744
NCID:AA12170670
Description
愛知県清須市の朝日遺跡は、1968年の貝殻山貝塚と検見塚の愛知県史跡指定、1971年の大規模破壊─保存運動─貝殻山貝塚の国史跡指定、以後長期にわたる発掘調査を経て、2012年に出土品の国重要文化財指定を見た。この遺跡をめぐって、人びとは何を欲望したのか。遺跡名の変遷と、それにかかわる言説をとおして、この問題を検討した。特に1971年の大規模破壊と保存運動で、人びとの観念は、「貝塚」から「遺跡」への転換を果たし、「群」ならびにその論理的必然たる「全面」を獲得する。これにしたがい、遺跡の全面保存が叫ばれたが、一部の国史跡指定に結果した。保存運動の終焉によって、「全面」は保存から調査へと、自己実現の場を移してゆく。調査の「全面」は、行政─ 職業研究者の占有するところとなり、今日を迎えている。これを自賛する政治が、出土品の国重要文化財指定であった。では、「保存」はいかに。本稿は、この課題を爾後へ提出した。
Full-Text

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA12170670/18834744_30_177-186.pdf

Number of accesses :  

Other information