Departmental Bulletin Paper 「日本」をめぐるリベラル・アーツ教育の取組みとその意義-国際教育センター企画 FD 研修会(平成26 年11 月19 日開催)の記録-

小林, 聡子  ,  コバヤシ, サトコ  ,  KOBAYASHI, Satoko  ,  ガイタニディス, ヤニス  ,  GAITANIDIS, Ioannis

(8)  , pp.77 - 102 , 2015-03-31 , 千葉大学国際教育センター
2013 年度より千葉大学で始まった国際日本学という専攻の中に、アクティブラーニングを中心とした授業であるジャパニーズ・スタディーズ(JS)という科目群がある。今回の研修会では、JS の特色のうち、「知識に対する批判的思考力」、「多元的視点」、「主体的学習」に着目し、事例紹介を通じてJS が「日本」にも「学」にも括弧をつけて行う「日本学」であるということを示した。「日本」に括弧をつけるというのは、日本文化が固定的ものではなく、常に変化するものであり、また生活を意味づけるために日本・海外に住んでいる人々が創る・想像する構成物だということである。そして、「学ぶ」にも括弧をつけるというのは、従来の受動的な学び方から離れ、学ぶ行為自体を再認識するということを意味する。すなわち、学びながら「私がどの視点から学んでいるのか」を意識することである。言い方を変えると、「JS」は「クリティカル日本学」という科目群である。
Following the establishment of Chiba University's Global Program for Japanese Studies in 2013, theCenter for International Research and Education launched a new series of modules called ‘JapaneseStudies.' In this faculty development seminar, we employ as case-studies two of our JapaneseStudies courses, to introduce a liberal arts approach that stems from two basic understandings. 1)“Japan" is not a fixed, monolithic entity, but a concept that is imagined and constantly(re)constructed by people living around the world, including the residents of Japan. 2) “Studying"should not be conceived as an either passive or active endeavor, but as an activity that should be atthe same time reflexive, and should encourage the student to always consider the viewpoints fromwhich he/she is learning. By attaching scare quotes to these two terms, “Japan" and “Studies", wethus describe the pedagogical methods of what we call ‘Critical Japanese Studies.'

Number of accesses :  

Other information