紀要論文 「二言語併用ゼミ」の場面における参加者の言語使用-座談の分析に関する一試論-

吉野, 文  ,  ヨシノ, アヤ  ,  YOSHINO, Aya  ,  西住, 奏子  ,  ニシズミ, カナコ  ,  NISHIZUMI, Kanako

(8)  , pp.35 - 50 , 2015-03-31 , 千葉大学国際教育センター
ISSN:1881-9451
内容記述
本稿では、「二言語併用ゼミ」における参加者の言語使用の実態を探るために、「異文化交流演習」の授業を取り上げ、グループワーク(座談)の談話を会話分析の手法で分析した。対象としたデータでは、日本人の参加者は英語に対して、留学生の参加者は日本語に対して強い志向を持っていたが、日本語のあいづち、コードスイッチングによる発話内容の繰り返し、他言語のリソースなどを活用しながら、参加者が談話を協働的に進行させている様子が見られた。また、コミュニケーションの問題が起きると、原因に応じて日本語、英語の両方を用いて解決が図られていた。参加者の言語能力が多様な「二言語併用ゼミ」のグループワークでは、言語使用の実態も学生の組み合わせによって異なる様相を見せるものと予想される。言語使用に関わる要因や共通する規範を探っていくことが今後の課題である。
This paper examines a group discussion recorded in a session of the Japanese Culturefrom Intercultural Perspectives course, which was conducted as a bilingual seminar at aJapanese university. We adopted the conversation analysis approach in order to explorethe four participants' use of English and Japanese language. According to our analysis,Japanese students have strong motivation to communicate in English, whereasinternational students used Japanese in most of their turns. Japanese back-channels,repetition of message by code-switching and the knowledge of the other language are allemployed as resources for the co-construction of the discussion. It is necessary to dofurther research to find the factors which influence choice of language andcode-switching, and common norms which may exist in similar situations withparticipants from different backgrounds.
本文を読む

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/SB00228823/8_35-50.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報