Departmental Bulletin Paper 「気づき」を記述すること-協同学習としての「座談」と「書くこと」に関する覚書-

和田, 健  ,  ワダ, ケン  ,  WADA, Ken

(8)  , pp.1 - 18 , 2015-03-31 , 千葉大学国際教育センター
ISSN:1881-9451
Description
本稿では、受講者があるテーマをもとに自身の考えをグループ内で話していく作業(ここでは「座談」ということばで表現したい)のあとにその成果を振り返ることを目的とした「書く」作業を対象とし、受講者が何を発見し、そして次の議論につなげていくかを見つけていく方法の可能性について書き記したい。具体的にはグループによる話し合い、意見交換そして座談の過程を自らが振り返る作業を通じて書かれたものを通じて、授業を受けた学生がいかに座談の内容をフィードバックしているかについて、筆者は考えたいのである。あくまで筆者の授業実践によるケーススタディであり、今後のPBL を意識した協同学習において、「書くこと」にどのような可能性があるかを考察する覚書として記していきたい。
This paper deals with the significance of "writing" for the purpose of looking back uponthe result of one's work after “round-table talk" or zadan with students who haveattended a monographic lecture, and making them recognize what they have discovered,as a way of creating a platform for further debate. The focus of this paper is—inparticular—on to what extent informal talking in group, exchanging opinions anddiscussion are reflected in the students' reaction papers. This paper is meant to be a casestudy of the role of “writing", based on the author's class experience, and a contributionto developing new methodologies of Project-Based Learning in a cooperative learningenvironment.
Full-Text

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/SB00228823/8_1-18.pdf

Number of accesses :  

Other information