紀要論文 「民衆の代表」か「防疫線」か--ベルギー・フランデレンのポピュリズム政党
ミンシュウ ノ ダイヒョウ カ ボウエキセン カ ベルギー フランデレン ノ ポピュリズム セイトウ
A Threat to Democracy?: The Case of the Flemish Populist in Belgium

水島, 治郎  ,  ミズシマ, ジロウ  ,  MIZUSHIMA, Jiro

29 ( 4 )  , pp.1 - 25 , 2015-03-20 , 千葉大学法学会 , チバ ダイガク ホウガク カイ , Chiba Association of Law and Politics, Chiba University
ISSN:0912-7208
NII書誌ID(NCID):AN10005460
内容記述
第二次世界大戦が終結して七〇年目となる二〇一五年。「戦後」の平和と繁栄を長期にわたって謳歌してきたはずの西ヨーロッパでは、一月初旬からイスラム過激派に関わる事件が相次ぎ、騒然とする年明けとなった。まずフランスでは、預言者ムハンマドの風刺画を掲載したシャルリー・エブド紙が襲撃されて一二人が死亡する悲劇的な事件をはじめ、イスラム過激派による事件が相次いで発生した。次にベルギーでは、大規模なテロを計画していたとされるイスラム過激派を警察が一斉に摘発したが、そのさい銃撃戦が発生し、二人が死亡した。二月にはデンマークで、「表現の自由」をめぐる会合が襲撃されて二人が死亡するなどの事件が続いた。他のヨーロッパ各国も同様のテロを強く警戒しており、ヨーロッパが新たな「戦い」の渦中に入りつつあるようにさえ見党である。近年「イスラムの脅威」を強調し、イスラム系移民の排除を訴えてきたポピュリズム政党は、これらの事件によって自らの主張の正しさが立証されたとしたうえで、既成政党の無策を批判するとともに、イスラム批判を一層声高に唱えている。この事件以後、イタリアの北部同盟の党首はイスラムを「危険な宗教」と批判し、デンマーク国民党の議員は急進的とされるモスクの閉鎖を要求した。フランス国民戦線の幹部であるド・サン=ジュスト(Wallerand deSaint-Just)は、イスラムは「宗教法と市民法を混同」し、フランス国家の世俗的性格を認めない宗教であるとしたうえで、「他のいかなる宗教よりも狂信者を生み出す傾向がある」と断言した(Al Jazeera America, 2015)。オランダ自由党のウィルデルスは、
本文を読む

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10005358/29_4_1-25.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報