Technical Report 技術人材の育成 : 技能を把握する理論的枠組みについて

門脇一彦

2017・162017-06 , 神戸大学大学院経営学研究科
Description
日本企業の育成過程は、学習者と熟練者が伴に働き優れた能力を伝える、OJTによる技能伝承の考えが定着している。把握困難な能力の移転を目指すが故に、やみくもにOJTを重ね、育成の実感を与えぬままに長い時間が過ぎるのが、多くの製造業の実情ではないだろうか。伝統芸能や単純な道具を巧みに扱う伝統産業は、技能の対象となる技や道具及び素材の変化は激しいとはいえない。一方、企業化した製造業の扱う生産技術や素材は、企業間の激しい生存競争と自然科学の進化によって、絶え間ない変化を続けている。技能を技術を巧みに扱う能力として捉えると、技術が変化するならば技能も変化するとして把握すべきで、育成を技能伝承の概念で捉えるこれまで考えでは、技術人材の育成に課題があるとするのが本研究の出発点である。
Full-Text

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81009844.pdf

Number of accesses :  

Other information