Departmental Bulletin Paper 双方向遠隔配信授業にクリッカーとプラカードを使用した試み - 高大連携サマーセミナー「チームで学ぶ人体の構造と機能」での実践 -

太城, 康良  ,  矢田, 陽平  ,  冨樫, 健二  ,  TASHIRO, Yasura  ,  YADA, Yohei  ,  TOGASHI, Kenji

Description
授業のリアルタイムな遠隔配信は大学間,大学高校間の連携を促進し,多様な教育カリキュラムの実現に資する.本稿では,高大連携の恥組を推進すべく三重県下3つの高校と本学をテレビ会議システムで接続し, 2016年度サマーセミナー「チームで学ぶ人体の構造と機能」をリアルタイムに遠隔配信した事例を報告する.2部構成の前半は,教員が提示する選択式の設問に個人が考えてクリッカーで回答し,つづいて,班で議論した最終的な答えをプラカードで回答した後に,教員が解説する形式で進めた.後半は前半の学習事項の確認、小テストを個人で解答した後に,同じ問題を班で議論してスクラッチカードで答え合わせをするTBL(Tearn Based-Learnng)形式で進めた.このようなアクティプ・ラーニング形式の授業は,対面授業のライブ感を維持し,遠隔配信でも受講者の満足度は高いことが示された.
Interactive distance education contributes to promote cooperation among universities and high schools. In this report we summarize the classroom practice of “Human Anatomy and Physiology” in Mie University Summer Seminar in 2016. Three high schools and our university were connected by video conference system. Organizer provide questions and participants answered them with questionnaire analyzer system, clicker and discussed within small group. Then a short quiz was performed with the style of TBL (Team-Based Learning). Our real-time interactive learning through video conference system could satisfy participants’ curiosity and maintain the quality of face-to-face class.
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11936&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information