Departmental Bulletin Paper 認知行動療法を応用した心理教育 ― 高等学校「国語総合」における実践から ―
Applying Cognitive-behavioral Therapy to Psychoeducation: Through Practice on Integrated Japanese Language in High School

澤口, 真理  ,  瀬戸, 美奈子  ,  SAWAGUCHI, Mari  ,  SETO, Minako

Description
学校現場ではいじめや生徒の自死、自傷他傷といった暴力行為など課題が山積する。早急な取り組みが求められており、その一つとして心理教育が一定の効果を上げている。本研究では高校生を対象とした心理教育について、「国語総合」授業の枠組みの中でデザインした上で実践し、その効果を検証することを目的とする。授業のデザインは認知行動療法をベースとし、スケーリングを手法として用いた。二次元レジリエンス尺度(平野,2010)を用いて授業の前後に質問紙調査を行った。216 名を授業前のレジリエンス要因得点高群71 名、中群74 名、低群71 名の3 群に分けて、レジリエンス得点を従属変数、時期と群を独立変数とする二要因の分散分析を行った。その結果、群の主効果に有意差が見られた(F(2,213)=220.277,P<.001)。交互作用に有意差は見られなかった。t 検定による分析の結果、低群において授業実施の前後のレジリエンス得点に有意差が見られた。レジリエンスが低い生徒に対して本授業が有効であった可能性が示唆された。
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11851&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information