Departmental Bulletin Paper 重症心身障害児の事物操作の学習における指導のあり方
Educational Supports to Children with Severe Motor and Intellectual Disabilities for Object Manipulations

濱田, 匠  ,  菊池, 紀彦  ,  HAMADA, Takumi  ,  KIKUCHI, Toshihiko

Description
本報告では、事物を見て楽しむ活動に興味関心が高いものの、事物を操作する活動が限局している重症児(以下、「A 児」とする)を対象に、さまざまな事物操作の獲得を目的に作業療法(以下、「OT」とする)を実施した。OT では、A 児の事物を操作する活動に関する作業遂行能力の評価を行った上で、探索活動が可能となる課題を設定し指導を行った。その結果、A 児の事物を操作する活動が拡大した。重症児が事物を操作する活動を獲得するためには、手の機能の評価を基にしてできる動作と困難な動作を把握した上で、彼らが能動的な探索活動が経験できる環境を設定し指導を行うことが重要であると考えられた。
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11845&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information