Departmental Bulletin Paper 初任者教員を対象としたコミュニケーション研修の開発 ― インプロ(即興演劇)の「ステータス」ワークに着目して ―
Development of communication training program for beginning teachers - “Status” as one of the methods of improvisational theatre -

園部, 友里恵  ,  SONOBE, Yurie

Description
本研究では、インプロ(即興演劇)を用いた初任者研修において実施された「ステータス」ワークに着目し、初任者教員はステータスワークをいかに体験し、自身のステータスをいかに省察したのかを明らかにすることを目的とした。そして、初任者教員の身体コミュニケーションの特徴や、初任者教員をめぐる学校現場におけるコミュニケーションのあり方について考察するとともに、教員研修におけるコミュニケーション研修やインプロの活用の可能性について示唆的に述べた。その結果、研修を受講した初任者教員の大半が、自身の総合的なステータスを「低い」と捉えていること、その一方で、子どもとのコミュニケーション場面においては「高い」ステータスが求められ、意識的/無意識的にステータスを高く見せる技法を用いていること、保護者や同僚教員とのコミュニケーション場面においては自身のステータスを「低い」状態に保とうと意識されていることが明らかになった。「身体」を媒体として初任者研修に活用することは、より具体的な形での実践知の共有に結びつくほか、「模範解答」や「マニュアル」を超えたコミュニケーションのあり方の探究を可能にすることが示唆された。
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11833&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information