紀要論文 恐竜の卵は本物か? ― 幼児における想像と現実との揺らぎ ―
Is the egg of the dinosaur reality? - Fluctuation with imagination and the reality in preschoolers -

富田, 昌平  ,  近藤, 彩乃  ,  TOMITA, Shohei  ,  KONDO, Ayano

内容記述
本研究では、魔術的結果の実現可能性が示唆されるような状況下における、幼児の想像と現実との揺らぎについて検討した。具体的には、従来行われてきた空箱課題(Harris, Brown, Marriott, Whittall, & Harmer, 1991)、または、恐竜の卵課題を幼児(4-5 歳児26 名)に実施し、想像した事柄(箱の中に想像した赤ちゃん恐竜/恐竜の卵)に対する幼児の現実性判断を言語面と行動面から探った。実験の結果、事前の段階では大部分の幼児が恐竜について何らかの知識を持ち、それを少なくとも身近な場所にはいないものとして位置づけていたにもかかわらず、恐竜誕生という魔術的結果の実現可能性を示唆するような状況に置かれると、少なからぬ幼児が信じない方向から信じる方向へと自らの立場を変化させた。そのことは空箱条件よりも恐竜の卵条件において顕著であった。恐竜の卵条件では7割以上の幼児が「本物」と判断し、部屋に1人で残されると半数の幼児が複数の実践のバリエーションで魔術的結果の実現を試みた。これらの結果は、物語と実在物との結び付き及び想像を支える実在物という2つの観点から考察された。
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11826&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報