紀要論文 特別支援学校におけるスケジュール表を用いた指導の現状と課題
Using schedule boards for children with intellectual disability: A review

丹羽, 克文  ,  郷右近, 歩  ,  NIWA, Katsufumi  ,  GOUKON, Ayumu

内容記述
近年、特別支援学校においては、スケジュール表を用いた指導が多く行われている。本稿では、国内の教育現場において導入が進められた背景について検討を行った。先行研究を分類した結果、スケジュール表を用いる目的には「子どもの安心・安定を目的として用いる場合」と「自発的な行動を促すために用いる場合」があること、そして、スケジュール表の形式には「活動の手順を示すもの」と「生活の時間の流れを示すもの」があることが明らかとなった。従来、スケジュール表を用いた指導の有用性や効果は多く報告されてきたものの、いくつかの課題も浮かび上がってきた。すなわち、事前にスケジュールを伝えることでかえって不安になる場合や、順序や時間という概念を一様ではない形式で表現している場合である。今後は、上記の課題を解消するために、教育実践を通したさらなる検討が必要であることが示唆された。
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11817&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報