紀要論文 友人に対する援助要請の促進要因に関する研究の動向と課題
A review of studies on determinants of help-seeking for friends

後藤, 綾文  ,  松浦, 均  ,  GOTO, Ayafumi  ,  MATSUURA, Hitoshi

内容記述
本研究の目的は、児童期から青年期にあたる小学生から大学生までの子どもを対象とした援助要請研究について、友人に対する援助要請を促進する要因という観点から整理することである。先行研究で扱われている援助要請に関わる概念を、操作的に援助要請意図、援助要請態度、援助要請行動の3つの概念に分類し、小学校、中学校、高等学校、大学という各学校段階ごとに概説した。その結果、どの学校段階にあっても、子どもを取り巻く周囲との関係性や周囲の価値観、子どもが所属する集団や組織、環境に関わる要因が、子どもの援助要請に関わっていることが示唆された。子どもの援助要請を促進する支援や実践を考えるうえで、今後は環境要因に注目し、援助要請者と援助者との相互の影響を明らかにする必要性を指摘した。
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11183&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報