Departmental Bulletin Paper 障害児のきょうだいと健常児の兄弟の違い ―障害児に対する見方との関連―
Comparison between siblings of people with and without disabilities: Relation of stigma of people with disabilities

伊藤, 美咲  ,  栗田, 季佳  ,  ITO, Misaki  ,  KURITA, Tokika

Description
障害児のきょうだいは、健常児の兄弟を持つ子どもにはない特有の悩みを持つことが指摘されている。しかし、国内において、障害児・者のきょうだいであることによる体験や影響に関する研究は少ない。また、きょうだいに関する研究の中でも、健常児の兄弟と障害児のきょうだいを比較している研究はほとんど見当たらない。そこで本研究では、障害児と健常児の兄弟にインタビューを行い、障害児のきょうだいである特有の実態を検討した。インタビューの結果、同胞のことを友達へ話すことへのためらいや、将来に及ぼすきょうだいの影響等が特有の実態として挙がってきた。また、健常児の障害児・きょうだいに対する見方は、「積極的拒絶」「消極的拒絶」「対等」の3種類に分けられた。今後の課題として、環境の大切さ・教育現場での支援の重要性が示唆された。
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11182&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information