研究報告書 地下水硝酸汚染に対する気候変動影響評価のための土壌窒素循環モデルの開発

坂井, 勝  ,  SAKAI, Masaru

2015-05-29 , 三重大学
内容記述
本研究は,土壌中の窒素動態・水分・熱移動について,モデル構築とシミュレーション,および室内・現場観測に基づいて明らかにすることを目的としたものである。植生のある地表面における熱収支式と窒素・炭素連結モデルを構築し,水分・熱・溶質移動の予測を可能にした。窒素成分移動実験を行い,水分移動にともなう無機態窒素の移動,特にアンモニア態窒素の土への吸着と亜硝酸態・硝酸態窒素への形態変化について明らかにした。畑地における水循環を解明するために、ダイズ栽培圃場試験とポット実験により、植物根の吸水特性と蒸発散について明らかにした。
The main objective of this study is to estimate the fate of nitrogen and water and heat transports in soils using numerical simulation and experiments. Surface energy balance model at vegetated soil surface was implemented in a simulation software for water, heat, and solute transport. A nitrogen and carbon transport model was also developed. In nitrogen transport experiment, nitrogen transform from NH4+ to NO2- and NO3-, NH4+ adsorption to a soil and NO3- transport was investigated. Root water uptake was also investigated in a soybean field experiment and pot experiment.
2013年度~2014年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10774&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報