研究報告書 渓床堆積物内の豪雨時のパイプ流変動解析に基づく土石流発生予測手法の提案

山田, 孝  ,  沼本, 晋也  ,  土屋, 智  ,  権田, 豊  ,  YAMADA, Takashi  ,  NUMAMOTO, Shinya  ,  TSUCHIYA, Satoshi  ,  GONDA, Yutaka

2015-06-16 , 三重大学
内容記述
三重県いなべ市の藤原岳西之貝戸川等において,伏流水が噴出したパイプ孔の形成実態と豪雨時における伏流水の現地観測を実施した。パイプ孔の孔内の深さは,堆積地表面から1.0~1.5m程度まで確認でき、その出口ならびに内壁は10㎝~数10㎝程度の亜円形状の礫が相互にかんだ状態である。各パイプ孔の出口付近の内径や構造には大きな違いは認められないが,伏流水の噴出発生・終息時刻,継続時間,ピ-ク流量,総流量は異なっている。パイプ孔の閉塞現象によるその後の違う箇所からの伏流水の噴出が起こると渓床堆積物の不安定化し,移動が発生する(土石流発生)と考えられる。それらの発生領域は,RBFN手法を用いて区分できる。
Several pipe exits were discovered in the torrent bed material in debris flow generation areas of the Nishinokaito River, Mount Fujiwara, Mie prefecture, Japan. They were emplaced in a sand and gravel layer between 1.0 and 1.5 m below the surface of the torrent bed material. Gravel supported the internal walls of the pipe exits. Subsurface flows spouted when the rainfall intensity exceeded about 5 to 7 mm in 10 minutes and the soil water index exceeded about 110 mm. Hydrological processes such as subsurface flows spouting from pipe exits and its clogging, subsurface flows spouting at the new pipe exits during heavy rainfall may lead to debris flow generation. The critical rainfall thresholds for them were studied using radial basis function network (RBFN) method.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10771&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報