Research Paper ウコギ科植物における金属集積機構の解明と放射性ストロンチウム除去技術への応用

水野, 隆文  ,  竹中, 千里  ,  原田, 英美子  ,  富岡, 理恵  ,  MIZUNO, Takafumi  ,  TAKENAKA, Chisato  ,  HARADA, Emiko  ,  TOMIOKA, Rie

2015-06-12 , 三重大学
Description
コシアブラのストロンチウム集積はマンガンとカルシウムにそれぞれ相関があることが判明した。ヤナギ類、コシアブラおよびタカノツメ木の樹皮中にはCaとSrを含んだ結晶状の物質が観察され、木本植物に吸収されたSrは、樹皮中で不溶性の結晶状物質を形成し、植物体内に長く留まる可能性があることが考えらえた。ヤナギ表皮部分から採取したRNAについて発現量解析を行った結果、Ca結合性タンパク質などの候補遺伝子群が得られた。菌根菌の分布を比較したところ、菌根菌が多いところはセシウム137 が多いことが示唆された。
Non-radioactive Sr concentration in Chengiopanax sciadophylloides in field showed a correlation with those of Mn and Ca. With SEM-EDX observation we could find crystal compounds that contain Ca and Sr in the bark of Salix sp, Chengiopanax sciadophylloides and Eleutherococcus innovan, suggesting that Sr absorbed in trees stored in crystalized materials and stored for long period. We also identified several genes including Ca-conjugated protein as genes related for Sr accumulation in trees. Roots with higher 137Cs had higher colonization rate of AM fungi in the Chengiopanax sciadophylloides rhizosphere.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10770&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information