研究報告書 「耕脈」からみた水田農業の構造変化 : 社会システム論からの接近

石田, 正昭  ,  ISHIDA, Masaaki

2015-05-20 , 三重大学
内容記述
この研究の目的は、社会システム論アプローチの一つとして位置づけられる農村の地権者・耕作者結合から水田農業の構造変化を明らかにすることである。この方法は、創案者の西尾敏男氏によって「耕脈」と呼ばれている。われわれの主要な調査地域は佐賀県東脊振村石動と山形県八幡町大島田である。個人面談を使っての1980年代と2010年代の耕脈間の比較分析の結果は、社会的関係から経済的関係への穏やかな変化を示している。この事実は、水田農業は経済的要因のみならず人間的要因によっても関係づけられるというわれわれの仮説を勇気づけている。
The purpose of this study is clarifying the structural change of paddy farming viewed from the cultivator and land owner connections in rural society, one of the social system theory approach. This method is called “Koumyaku” by the innovator, Mr. Toshio Nishio. Our main surveyed area is Ishinari in Higashi-sefuri village in Saga prefecture and Ohshimada in Yawata town in Yamagata prefecture. The result of comparison analysis between “Koumyaku” of 1980’s and 2010’s using the personal interview shows a moderate change from the social relationship to the economic relationship. This evidence encourages our hypothesis that paddy farming is strongly related with human factors as well as economic factors.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10769&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報