研究報告書 時空特異的白血病幹細胞発生モデルと病態特性

野阪, 哲哉  ,  小埜, 良一  ,  NOSAKA, Tetsuya  ,  ONO, Ryoichi

2015-05-19 , 三重大学
内容記述
本研究は当研究室で独自に樹立した遺伝子改変マウスを用いて造血細胞において特定の時期にMLL-ENLキメラ遺伝子を誘導発現することによって白血病幹細胞を発生させ、白血病発症の分子機構を探ることを目的とする。MLL-ENLの発現だけでは、胎仔肝細胞から白血病はできにくく、成獣骨髄細胞の方ができやすかった。さらに、白血病細胞が生じる際には、胚性幹細胞の自己複製において重要な役割を担うTet1と呼ばれる遺伝子が、がん化には抑制的に働いているらしい所見が得られた。
The goal of this study is to clarify the molecular mechanism for generation of leukemic stem cells by using the inducible MLL-ENL transgenic mice which we made. The efficiency of immortalization of fetal liver cells was lower than that of adult bone marrow cells when MLL-ENL was inducibly expressed. In addition, we found that Tet1 which is known to be involved in self renewal of embryonic stem cells, negatively regulates the leukemogenesis in this model system.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8076&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報